代行業者での車売却のデメリットと流札

代行業者での車売却のデメリットと流札

代行業者での車売却のデメリットと流札

車売却の際に、オークション代行業者を利用するのは良い選択肢だと思います。やはり売却額が、その代行業者のメリットと言えるでしょう。つまり代行業者には、金額面のメリットがある訳ですね。

 

しかしその金額面に関するデメリットがあるのも、忘れてはならないと思います。その1つですが、落札されなかった場合です。

 

オークションで出品をするとなると、売れるか否かが大きなポイントになってきます。自力でオークションを出品してみると分かりますが、たまに売れない事があります。その場合は、出品費用が無駄になってしまう訳ですね。オークションの利用料金は有料だからです。

 

そしてオークションの代行業者も、それは同じです。代行業者の場合は、様々な費用がありますね。オークション会場に車を陸送する為の費用や、業者独自の手数料など様々なものがあります。

 

仮に手数料を支払って、オークションの代行業者で出品をしてもらったとしましょう。しかし、やはり売れない事はあるそうです。いわゆる流札ですね。100%落札されるとは限らない点は、注意が必要でしょう。

 

ではその場合は代行業者に支払った手数料は戻ってくるかと言うと、戻りません。つまりネットオークションの手数料と、ほぼ同じなのですね。この落札されない可能性があるのは、オークション代行業者のデメリットの1つだと思います。

 

ちなみに代行業者の中には、買取保証というシステムを採用している所もありますね。もしもオークションで落札されなかった場合は、業者が買い取ってくれるというシステムになります。ただその買取金額が、果たして何円かという問題もありますね。もしも一括査定で提示される金額よりもかなり低いならば、むしろオークションの代行業者を利用しないのも一法だからです。

 

ですのでオークションの代行業者を用いて出品をするのであれば、やはり買取業者の相場を知っておくのは大事だと思います。そのためにも、代行業者に依頼をする前にまず一括査定サイトを利用しておくと良いでしょう。流札の事も考えると、一括査定サイトは大事だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ